仮想通貨

tax@cryptactを使った確定申告についてまとめてみた

どーも!@さとりーまんです。

会社での年末調整も終わり、そろそろビクビクしてるんじゃないですか?

 

・・・確定申告に。

 

実は僕もビクビクしてます。今日は、仮想通貨を取引している人なら誰もが悩みのタネとしている確定申告についてまとめてみました!

さとりーまんの結果も最後に載せてますので、ぜひ最後までご覧ください!必見でございます!

確定申告と年末調整

まず最初に、確定申告年末調整との違いはなんでしょうか?

・確定申告
1.個人が、その年1月1日から12月31日までを課税期間として、その期間内の収入・支出、医療費や寄付、扶養家族状況などから所得を計算した申告書を税務署へ提出し、納付すべき所得税額を確定すること
2.法人が、原則として定款に定められた事業年度を課税期間としてその期間内の所得を計算した申告書を税務署へ提出し、納付すべき法人税額を確定すること
3.消費税の課税事業者である個人又は法人が、課税期間内における消費税額を計算した申告書を税務署へ提出し、その納税額を確定すること

・年末調整
サラリーマンや公務員などの給与所得者に対して事業所等が支払った1年間(1月〜12月)の給料・賞与や賃金及び源泉徴収した所得税等について、原則として12月の最終支払日に再計算し所得税の過不足を調整すること

ーWikipediaより引用ー

 

簡単に言うと、確定申告は給与所得を含む様々な種類の所得について、自分で申告して税金を確定させることで、年末調整は所得のうち、「給与所得」について確定させて大まかに控除していた所得税額を再計算して還付・追徴などの対応を行うことになります。

普通にサラリーマンをしている人は、雇っている会社側に年末調整を行なう義務がありますので、扶養控除や保険料控除、住宅ローン控除に関する書類を会社に提出することで、12月給与で調整が入るようになっています。僕は3万円くらい還付されてました。

確定申告の対象者

国税庁のタックスアンサーには、確定申告の対象者について次のようにまとめられています。

No.1900 給与所得者で確定申告が必要な人

大部分の給与所得者の方は、給与の支払者が行う年末調整によって所得税額が確定し、納税も完了しますから、確定申告の必要はありません。
しかし、給与所得者であっても次のいずれかに当てはまる人は、原則として確定申告をしなければなりません。

1 給与の年間収入金額が2,000万円を超える人
2 1か所から給与の支払を受けている人で、給与所得及び退職所得以外の所得の金額の合計額が20万円を超える人
3 2か所以上から給与の支払を受けている人で、主たる給与以外の給与の収入金額と給与所得及び退職所得以外の所得の金額の合計額が20万円を超える人
(注) 給与所得の収入金額から、雑損控除、医療費控除、寄附金控除、基礎控除以外の各所得控除の合計額を差し引いた金額が150万円以下で、給与所得及び退職所得以外の所得の金額の合計額が20万円以下の人は、申告の必要はありません。

4 同族会社の役員などで、その同族会社から貸付金の利子や資産の賃貸料などを受け取っている人
5 災害減免法により源泉徴収の猶予などを受けている人
6 源泉徴収義務のない者から給与等の支払を受けている人
7 退職所得について正規の方法で税額を計算した場合に、その税額が源泉徴収された金額よりも多くなる人

国税庁HPより引用ー

仮想通貨の取引を行なっている人をサラリーマンだと仮定すると、確定申告の対象となる条件は2や3の「給与所得及び退職所得以外の所得の金額の合計額が20万円を超える人」になります。

現行の法律や国税のタックスアンサーから鑑みるに、仮想通貨の売買によって得た利益は雑所得として計上しなければなりません。

またその計算は、移動平均法か総平均法のどちらかを使い、一度選んだ方法は変えてはいけないという風に定められています。

 

僕が使った便利なサービス

僕は主な情報収集をTwitterとブログで行なっているんですが、去年のクリスマスイブに一人寂しく過ごしているときにこんなツイートがリツイートで回ってきました。

無料だと・・・?1,500人限定だと??Σ(・□・;)

これは登録するしかない…!!!

このツイートをみて3秒ほどで登録してなんとか1500人に滑り込みました。(1/21現在では登録上限は撤廃されてますので、ご安心を。)

tax@cryptactを使ってみる

それでは早速使い方を見ていきましょう。(PCで行なった方が楽です。)
tax@cryptactでは、自分が取引している仮想通貨取引所の取引履歴をcsv形式でダウンロードしてきて、サーバー上にアップロードしていくだけで、その年の利益額を計算することができます。

今回はCoincheckでの取引履歴を使って、利益額を算出してみましょう。必要なデータは、取引所約定履歴・購入履歴、売却履歴・送金履歴の4つです。

 取引データのダウンロード

①Coincheckのアカウントにログインして、画面下部の約定履歴から詳細を表示→期間を設定してCSVダウンロードをクリック

②ウォレット→コインを買う→コインの購入履歴の右側にある▼をクリックしてCSVダウンロード

③ウォレット→コインを売る→コインの売却履歴の右側にある▼をクリックしてCSVダウンロード

④ウォレット→コインを送る→コインの送金履歴の右側にある▼をクリックしてCSVダウンロード

ここまで出来ましたか?それでは次のステップにいきましょう。

 tax@cryptactに登録する

メールアドレスで簡単に登録できます。画面右上のログインから登録をしましょう。

下のボタンから直接飛べます。ご利用ください。(アフィとかじゃないので、ご心配なく。笑)
アカウント作成はこちら

 tax@cryptactにデータをアップロードする

続いて、上部メニューの「tax@cryptact」をクリックして、取引データをアップロードしていきます。

Coincheckをクリックして、4つのデータを順番にアップロードしていきます。

下の画面になれば正しくアップロードされているので、画面を閉じましょう。

たったこれだけで、一年間の損益を計算してくれます。

ちなみにデフォルトでは移動平均法での計算となっているので、総平均法にしたい方は設定ボタンを押して、算定方法を総平均法に変更してみてください。


皆さんも自分で計算やったから大丈夫!と思っているかもしれませんが、それにかける労力と正確性を考えると少々疑問が残るので、このサービスを使うことをめちゃくちゃオススメします!

<2018.2.11追記>
ちなみに20万以上の利益がある場合、確定申告が必要ですが、1円でも給与所得以外に利益が出ているなら住民税に関して申告が必要になります。ちゃんと申告しましょう。

僕が使っている仮想通貨取引所

<国内仮想通貨取引所>

 bitFlyer(金融庁許認可済)

国内仮想通貨取引所といえば、bitFlyerも忘れちゃいけません。取り扱い通貨数は6通貨でMonacoinも扱っています。またBTC取引量は国内No.1で板が厚いことが特徴。Coincheckとの大きな違いはアプリでBTCの板売り・板買いができること!登録しておいて間違いなしです。

<海外仮想通貨取引所>

 BINANCE

僕が今一番使っている海外の仮想通貨取引所がこのBINANCE(バイナンス)です。24時間の取引高で世界一となっていて、現在大注目の取引所になります。取り扱い銘柄数も非常に多く、草コインと呼ばれるコインもたくさん取り扱っているので、一攫千金のチャンスがいっぱい転がってます。BNBというBINANCEが発行している独自トークンを利用することで取引手数料が半額になるのもとっても魅力的なポイントです。

 

以上!@さとりーまんでした!